抵当権抹消

住宅ローンの支払いを完済した場合、金融機関から抵当権を抹消するための書類を受け取ります。

ご自宅の登記簿から、自動的に抵当権が抹消されることはありませんので、法務局に対し、抵当権抹消の登記申請をする必要があります。

相続登記

不動産の名義人の方が亡くなった場合、相続人の方に名義変更する必要があります。それを一般的に相続登記と呼びます。

相続登記をしなければ、新たに売却したり担保に入れたりすることができません。

贈与

不動産の名義人の方が、ご健在のうちに、無償(対価を得ずに)で名義変更する場合は、贈与による登記申請の必要があります。

贈与は契約ですので、あげる人(贈与者)ともらう人(受贈者)の合意が必要になります。

売買

不動産の売買が成立した場合、売主から買主に名義変更をする必要があります。

売買の場合は、売買代金の支払いと登記申請(名義変更)が同時に行われる必要があるため、司法書士が売買代金の決済時に立ち会うことが一般的です。