沼津市の司法書士 山田 事務所

債務整理

借金整理(債務整理)の方法


個人の方の借金整理(債務整理)の手段としては、
主に自己破産、個人再生、任意整理などがあります。

これらの手続きをとれば、借金を無くすことや
大幅な減額が可能となるなど、大きな経済的メリットがあります。
また、返済に計画性が出て、借りては
返すの繰り返し(いわゆる自転車操業)を防ぐことが出来ます。

なお、自己破産、個人再生は裁判所へ申立てる手続きであり
任意整理は司法書士が債権者と交渉して
将来利息のカットや分割払いの交渉をする手続きです。

司法書士に依頼して返済ストップ


司法書士が借金整理(債務整理)のご依頼を受け
手続きに介入すると、依頼者の窓口は司法書士となりますので
債権者から電話や手紙が届くことはなくなります。

そして、依頼者には依頼したその日から
いったん返済をストップして頂くことになります。

大変驚かれる方やほっとされる方も
多くいらっしゃいますが、逆に返済をしてしまいますと
その後の手続きに不利益を及ぼしますので、返済ストップは
義務であるともお考え下さい。

逆にお金が戻ってくる方もいます


長年に渡り消費者金融と取引のある方は、
正しい利息で再計算すると逆にお金が戻ってくることがあります。
これは、過払い金と呼ばれていますが、
消費者金融の大半が、本来認められない利息を
長年に渡り収受していたことによるものです。

司法書士に依頼すれば、長年に渡る取引の履歴を
貸金業者から取得し、それを基に正しい利息で再計算することで、
あたなの過払い金を計算できます。

もちろん、どの手続きを選択しても
この作業は行いますので、思わぬ利息の払い過ぎが
発生していて、お金が戻ってこないまでも、借金が大幅に減ることがあります。

任意整理は裁判所が関与しない


任意整理は、裁判所が関与することはなく、
司法書士と貸金業者が交渉してする手続きです。

具体的には、正しい利息で減額させた借金を
将来の利息はカットで3~5年以内の
分割払いを内容とする和解契約を締結します。

まずは、あなたの借入利息が何パーセントであるのか
確認し、下記の利息を超えているかどうかを確認すべきでしょう。

元本が10万円未満 年20%
元本が10万円以上100万円未満 年18%
元本が100万円以上 年15%


自己破産で再出発


自己破産は、借金をゼロにすることが可能なため、
借金整理の中で、最も経済的メリットが大きい手法です。

また、家財道具はもちろんのこと、
高価でない車(購入価格でなく時価)や多少の預貯金・現金などは
お手元に残したまま手続きをとることができます。

もちろん、多額の預貯金や現金、不動産や高価な物品等は
換価して債権者へ配当されます。

尚、選挙権が無くなるとか戸籍や住民票に記載されるといったことは
一切ありませんのでご安心下さい。

自己破産は支払不能に陥っている方のみ


自己破産は誰でも選択できるのではなく、
支払不能という条件を満たしている方だけが選択できます。

分かりやすい基準としては、任意整理ができるかどうかということになります。

自己破産は厳格な手続き


自己破産は、裁判所への申立てが必要であるため、
各種資料を揃え多くの書類を作成する必要が
あるほか、裁判所へ行き裁判官との面接も必要となります。

これは、債権者の犠牲のもとに生活再建を
図る手続きであることから、より厳格に
なっているのだと言えるでしょう。

自己破産の注意点


自己破産手続きは借金ゼロを100%保証してくれる手続きではありません。

もちろん、ほとんどの方が免責許可、つまり借金ゼロを
認められているのが現状ですが、債権者に
損害を与える行為をしたり(財産隠し等)、借入の理由が
ひどいものであったりすると、裁判所の判断で
免責不許可、つまり借金ゼロを認めない決定をすることもあります。

また、税金などの一部の債権やあなたの保証人は
免責されないことや、職業によっては
破産手続きの開始決定から免責決定までの間
その仕事に就くことを制限されている場合がありますのでご注意ください。

自己破産できない方は個人再生を


自己破産は、借金整理の手法の中で
最も経済的メリットが大きいことは、先に述べたとおりです。

しかし、職業の制限に引っかかる方、借入理由が
遊興費のみで免責許可決定が出る見込みのない方、
住宅ローンを支払っていきたい方などは、自己破産ではなく個人再生を
検討されるべきでしょう。

個人再生とは、支払不能のおそれがあり
借金の総額が5000万円以内(住宅ローン特則を利用する場合は住宅ローンを除く)で
安定継続した収入のある個人の方が対象となる手続きです。

自己破産のように借金をゼロにすることは
できませんが、借金を大きく減額できる手続きです。

借金整理(債務整理)をするにあたり、心得ておくべきことが何点かあります。

  • 我々司法書士や弁護士が、あなたの借金整理(債務整理)を開始した場合、あたなは7~10年間、原則的にキャッシングやショッピングクレジット、その他通常の自動車ローンや住宅ローンなどの利用が出来なくなります。
    但し、既にローンを組んでいる場合で、任意整理の手続きに含めないローン、また、住宅ローン条項付個人再生の場合の当該住宅ローンは、影響を受けることがありません。
  • 自己破産や個人再生は、すべての債権者を手続きに含める必要があるため、自動車ローン等が残ったまま司法書士や弁護士が介入すると、原則的に自動車等は債権者に引き取られることになります。
  • 自己破産と個人再生に関しては、官報と呼ばれる新聞の様なものに氏名と住所が掲載されます。
    しかし、一般の方が官報を目にする機会は少ないと言えるため、官報に掲載されるから手続きをしないという選択はするべきではないでしょう。
    もちろん手続きをするかしないかは自由です。
    なお、任意整理の場合は官報に掲載されることはありません。

まずはお電話ください。

0120-373-521
予約受付時間:午前9時~午後6時30分 (土日・祝日除く)
土曜・日曜・平日夜間も無料相談実施中です。(要予約)

司法書士 山田 真 静岡県司法書士会 第371号
司法書士 山田 航 静岡県司法書士会 第769号
1983年10月18日開業

静岡県沼津市新宿町7番地の1 塩崎ビル2F